2008年12月13日

基礎化粧品のクリーム

基礎化粧品のクリームは多量の油を水に混ぜています。

肌につけると水が蒸発して油が残り、

これが皮膚表層を補強します。


クリームを選ぶのポイントは、

合成樹脂入りで、きれいなクリームではなく、

脂質でできているもったりした感じのものを選びます。


基礎化粧品のクリームには

アイクリーム、エモリエントクリーム、

ハイゼニッククリーム、コールドクリーム、

バニシングクリーム、ハンドクリーム、

マッサージクリーム、リップクリームなどがあります。


化粧水、乳液、クリームにしても

基礎化粧品を選ぶ際には皮膚環境に近い成分を選ぶことが大切です。

皮脂(毛穴の奥の方にある、皮脂腺という場所から分泌される油)の成分は、

脂肪酸、油脂、スクワレンなどの炭化水素、コレステロール、グリセリンですから、

そのような成分が配合されいる商品を選びましょう。


皮膚にとっては基剤は重要です。

基剤とは、化粧品の元になる成分で、

有効成分を皮膚に浸透させるために使われる物質で、

大きく分けると石油から化学的に合成されたものと、

ミツロウなどの天然のものに分けられます。

天然のものより石油系の原料の方が

扱いやすく、伸びやツヤがいいので

市販の商品には石油系の原料が多く使われています。

購入の目には基剤をよくチェックして

もし、基剤の成分を表示していない医薬部外品があるなら、

使用は考えた方がよいでしょう。
posted by mintaro at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 基礎化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

乳液

基礎化粧品の乳液には、

水に少量の油を入れ合成界面活性剤で乳化したものと、

合成ポリマー水溶液に不透明化剤を入れて白く見せたもの、

その両方でつくったものがあります。

つけ心地がよい乳液ほど皮膚が必要としている皮脂とは成分が違っています。



一般的な乳液(ミルクローション)は少量の油を

水に混ぜています。そのため、合成界面活性剤の量も多く、

皮膚のバリアを壊しやすく

皮膚に浸透しやすいという特性があります。

そのため、乾燥肌、シワになりやすくなってしまいます。



美容液、エッセンスオイルなどは

合成ポリマー(ポリマー系の合成界面活性剤)によるものなので

あまりお肌によくありません。

水溶性コラーゲンやヒアルロン酸やアミノ酸などの

水溶液も多く、つけているときは気持ちがいいのですが、

乾燥肌になりやすいです。


乳液は絶対に必要な化粧品というわけではありませんから、

安全なクリームを少量の水で溶いて使うとよいでしょう。
posted by mintaro at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 基礎化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

化粧水

基礎化粧品とは、

ファンデーション、口紅紅、眉ずみ、アイシャドーといった、

メイク化粧品と呼ばれるものに対して、

化粧水、乳液、クリームといった

肌質自体を整えることを目的とする化粧品のことをいいます。

メイク化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠したり、

肌に立体感や色を与えて一時的に美しくすることなどを目的としていますが、

基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、お肌を健康な状態にするのを目的としています。



化粧水は洗顔後、皮膚を保護する化粧品です。

洗顔で失われた皮脂や酸分の補充したり、粘性成分で被膜をつくるなど

外気との遮断剤のような役割を果たします。。

皮膚が疲れているときは酸の補充と収れんを中心に考えるとよいでしょう。

しかし、合成界面活性剤を配合している化粧水を

使ってしまうとそれも台無しになってしまいます。


化粧水の種類には、

アフターシェーブローション、カラミンローション、

アルカリ性化粧水、酸性化粧水、

収れん性化粧水、保湿化粧水があります。

posted by mintaro at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎化粧品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

にきび対策

にきびは顔や背中など体の表面に出ますが、

まずは、体の中から綺麗にしていかないといけません。

食べ物で油分の食べすぎには注意です。

飲みすぎ食べすぎの次の日はたくさんの水分補給をして、

体の中から綺麗にしていきましょう。


日頃のスキンケアですが、

必要以上に強いクレンジング剤や毛穴パックなどを頻繁に使用していると、

皮脂を取りすぎてしまい、それを補おうとして

逆に皮脂の分泌が盛んになりすぎてしまうことがあります。

それがにきびの原因になったり、

肌を乾燥させ、肌荒れを起こしたりします。



また、肌の乾燥を防ごうと、

油分の多いクリームや乳液などを使いすぎると、

これもまたきびのできる原因となり悪循環になります。



自分の肌の状態を知って、

皮脂の分泌の多いところには油分を与えすぎないように気をつけ、

収れん化粧水などで肌を整え、

乾燥しがちなところには保湿分の多い化粧水や美容液などで水分を補うなど、

その時の自分の肌の状態に合ったスキンケアが必要です。



毎日スキンケアを欠かさず行うことがにきび対策といえるでしょう。



メイク・コスメ人気ブログランキング
posted by mintaro at 01:08| Comment(1) | TrackBack(0) | にきび対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月08日

シミ対策

シミとはメラニン色素が沈着している状態のことで、

皮膚科用語では色素沈着のことです。

シミ、そばかす、にきびの跡や傷の炎症後の色素沈着もシミに含まれます。



シミは化粧である程度は隠せますが、

年をとるとともに目立つようになるので早い内から予防が必要です。


また、シミには紫外線を防ぐことが最も大切です。

紫外線にあたって肌が赤くなる人より、

黒くなる人の方がメラニンをつくりやすいのでシミができやすく、

妊娠中の女性もホルモンの関係で紫外線にあたるとシミができやすくなっています。


日焼けによってできてしまったシミは、

そのまま自然に消えてしまうことはないので、

美肌のために少しでも早くケアすることが大切です。




そばかすについてですが、

そばかすは雀斑(じゃくはん)ともいわれ

シミとは分けられることが多くあります。



にきびは炎症を起こして赤くなっているとき、

きちんとスキンケアをしておかないと、

茶色のシミになって跡が残ることがあるので要注意です。
posted by mintaro at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | シミ対策 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

美白、美肌のための食生活

美白、美肌には外側から与える栄養だけでなく、

食生活も大きな影響を及ぼします。


バランスのよい食生活でなければ、

せっかくの優れた化粧品も効果を存分に発揮できません。

美肌のために何を食べるといいのでしょうか?


野菜や果物などビタミン、ミネラルを

たっぷり含んだ食事を摂るように心がけましょう。

海藻類も豊富なミネラルを含んでいますので、

毎日少しずつでも摂りたいものです。


元気肌をつくるタンパク質(肉・魚・豆類)

肌の新陳代謝をよくするビタミンE(オリーブ油などの植物油・ナッツ類)

コラーゲンの合成促進と血管や皮膚を強くするビタミンC(果物、生野菜)

以上のような食品群をバランス良く摂るようにしましょう。



美肌を保つには腸を健康に保つこともまた大切です。

食べ物の栄養を吸収するのは腸です。

お肌のターンオーバー作用を促進・維持する源は身体の新陳代謝です。

身体の新陳代謝に必要な栄養素は健康な腸によって摂取されます。

整腸作用があるりんごや、

繊維質の多い根野菜(ゴボウなど)を毎日食べることで

腸の健康を保つことが、美肌作りや美肌維持に大切といえます。



そして、足りない栄養素を

サプリメントで補うのもひとつの方法です。

といっても頼り切るのではなく、

あくまで補給する、という気持ち摂るといいでしょう。


posted by mintaro at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 美肌のための食生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

肌のターンオーバーのために

肌のターンオーバー(皮膚の新陳代謝)のために

毎日の規則正しい生活は大切です。

それはお肌もそれにならい

規則正しくターンオーバーを順調に繰り返します。


しかし、不規則に過ごしていると

皮膚もやはりそれにならいバランスが崩れてしまいます。


ターンオーバーの周期が乱れたり遅くなると

それは、新陳代謝が悪くなるということですから、

メラニン色素の定着が激しくなり、

シミやそばかすやくすみの原因となってしまいます。


ですから、美肌のためには規則正しい生活を心がけましょう。


また、お肌にとって規則正しい生活とともに、

睡眠をたっぷりとる事もとても重要です。


特に夜22時〜2時までは

健康な肌をつくる為にはとても大切な時間です。

この4時間がお肌の新陳代謝が

もっとも活発におこなわれる時間帯なので

この4時間はお肌のゴールデン・タイムといわれているくらいです。




できるだけ早めにお布団に入ってお肌も休ませましょう。

そしてこの4時間にお肌にどんどん新陳代謝をしてもらいましょう。

夜22時〜2時に眠っていることは、

高価なスキンケアを使う以上の効果的なスキンケアになります。


posted by mintaro at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 肌のターンオーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冬の肌の保湿の方法

冬は最も空気が乾燥する季節です。

冬になると肌が乾燥してしまうのは、

皮脂の分泌量が少なくなり、皮脂膜をつくる力も弱くなるため、

肌の水分はどんどん蒸発してしまいます。


冬の肌の保湿の方法としては、

水分の補給と水分を逃さないための油分の補給で

肌の乾燥を防ぐことです。


皮脂の分泌量が最も少なくなる冬は、

肌が乾燥して肌荒れを起こしやすくなります。


特に暖房した室内は空気が乾ききっていて、

肌も極度に乾燥しています。

乾燥した肌はしわになる原因になります。


肌が乾燥するのは油分ではなく水分が不足するためでから、

洗顔後は化粧水などでたっぷり水分を補給しましょう。

また、美肌づくりのために丁寧な保湿スキンケアを心がけましょう。


特に乾燥しやすい目や口の周りは、

しわやたるみになりやすいところです。


コットンなどに化粧水をたっぷり含ませ

乾くまで肌にのせておき、

その後美容液などでしっかり保湿しましょう。


唇も乾燥して荒れますので

トリートメント効果のあるリップクリームなどで

ケアすることが大切です。
posted by mintaro at 18:37| Comment(0) | TrackBack(1) | 肌の保湿の方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性の肌

女性のからだは環境の変化にとても敏感です。

ちょっとした生活の乱れや色々なストレスで

ホルモンバランスが崩れ、肌荒れや体調不良を招いてしまいます。


ストレスの度合いや感じ方やストレスの原因は人それぞれです。

ストレスをあまりためこまないように、

自分に合ったストレス解消方法を見つけ、

リフレッシュすることを心がけましょう。



空気の乾燥や紫外線・暑さや寒さによる

外的要因による肌ストレスも大敵ですが、

肉体的な疲労から来るストレスや

人間関係などによる精神的なストレスも美肌の大敵となります。



緊張によるストレスはメラニン色素を活発にし、

シミやくすみを誘発するといわれています。


心身で感じ取ったストレスは皮ふの血管を収縮させ、

男性ホルモンの増加や免疫機能の低下を引き起こし

肌トラブルの原因となります。


また、生理や妊娠が原因で

ターンオーバーがうまくできずに

メラニンが過剰に生成されシミができやすくなったりもします。
posted by mintaro at 16:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 女性の肌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。